2013年1月15日

オイルパンの腐食穴空き ホンダ船外機 BF115

Filed under: ハーバー日誌 — 島マリン @ 10:40 PM

新年明けて早速、分解修理を行いました。

HONDA船外機 BF-115 ですが、オイルが漏れ始めました。

下の写真のように、エンジンを停止してもプロペラボスから止まることなくオイルがぽたぽた漏れ落ちてきます。

1

恐らくオイルパンに穴が空いたと予想し、オイルパンが見えるまで分解していきます。

1

ああ・・、やはり排気通路の上から落ちてきていますね。

1

オイルパンが見えました。 オイルパンの材質はアルミです。

オイルドレンボルトの少し上が腐食して穴が空き、そこから茶色いエンジンオイルが垂れておりました。

船外機のオイルパンに穴が空くのは初めて見る事です。

この方のエンジン、実は6年間で6,600時間も稼動しておりますがアッパーケースから上は今回始めての分解なんですね。

出来るだけ過負荷で走行しないよう勤めますと6,000時間程度の耐久性は有していると実感します。

オイルに水が混じっていますが、とりあえずオイルパンを新品交換してしばらく様子見です。

島マリン~小型船舶の免許取得から販売・保管・修理まで~

島マリン
Powerd By INA