2010年11月18日

ホンダ BF130 燃料フィルター詰まり

Filed under: ハーバー日誌 — 島マリン @ 8:21 PM

HONDA 4ストローク船外機 「BF-130」

中速以上の回転が上がらないという症状が出ました。

アイドリング~2,800rpmくらいまでの低回転は問題ありません。

それ以上の回転では、5,200rpmまで伸びる時と4,000rpmまで伸びる時と2,800rpmまでしか伸びない時とバラバラです。

回転制限のリミッターが効いてるようなウンウンウンウンといった感じで頭打ちになります。

カラ吹かしでも回転が上がらない時があります。

高圧燃料ポンプから出た直後の燃料フィルターを外して見てみますと、黒っぽい汚れがびっちりと付着しておりました。

このフィルター、外から目に触れないので存在に気がつきませんが

定期交換部品に指定されておりますので点検して汚れてたら変えてあげましょう。

BF-115/130/135/150/175/200/225  共通で定期交換部品です。

汚れが写真のように尋常でなく錆びも出ていたら、水が入ってますのでべーパーセパレータの分解整備と高圧燃料ポンプの点検もしたほうが良いと思います。

1 1 1

フィルターの金属部に錆びが出ていました。べーパーセパレーターに水が溜まっているようです。 

本来、黄緑色をしているフィルターが写真の様に黒っぽい汚れで全体的に目詰まりしてしまっております。

ベーパーセパレーター横の小さな油水分離容器に水が溜まっておりました。ベーパーセパレーターを分解清掃し、高圧ポンプが錆びていた為、ポンプを新品に交換。

燃料タンクと船外機の間に油水分離式の大型燃料フィルター(Y's GEAR)を付けているのですが、こちらの透明ボウルの中の赤いリングは全く上昇しておりませんでした。、、、しかしボウルの底のドレンを抜きますと水が多く出てきました。これは一体どういうことでしょうか?

赤リングを取り出して水道水に漬けると浮かびます。・・ボウルの中で赤リングが上昇しなかった原因は分かりません、不思議です???

抜いた水は、ガソリンの色が移ったオレンジ色になっていたので水自体の比重が変化したのかもしれません?

燃料タンクに水が溜まった原因としては、燃料給油口のキャップのOリングが外れてなくなっていましたので雨が降った時に少しずつキャップから雨水が入ったのかもしれません。 

島マリン~小型船舶の免許取得から販売・保管・修理まで~

島マリン
Powerd By INA